何種類もある育毛剤

何種類もある育毛剤

我が家には育毛剤が何種類もあります。

 

それはどれも父の使ってきた育毛剤だったのです。

 

そしてどれも父は長く使い続ける事はなかったのです。

 

父は飽き性でいつも何を使っても飽きているのです。

 

私は今まで何回も父に言いました。

 

「一本使ったくらいじゃわかりません。持続しないと効果も出ないのです。わからないのです。」そうやって何度も父に言いました。

 

でも父は一本使い切ったら飽きてしまって、また違う育毛剤を使うようになっていたのです。

 

そして私は知らなかったのです。

 

今まで育毛剤がある事は知っていました。

 

でもまさか、こんなにもいくつもの種類があるなんて知らなかったのです。

 

私は育毛剤がこんなにも普及していたなんて、本当に知らなったのです。

 

ところで父は全く変わりません。

 

以前のまま薄毛のままなのです。

 

いつになてもその薄毛は改善されないのです。

 

私はそんな父がとても不思議だったのです。

 

真剣に育毛をしたいのなら、長く使っていかないといけないのです。

 

そんな事はわかっていると思っていたのです。

 

でも父は飽き性なので、効果が出ないとすぐに買い替えるのです。

 

その考えは良くないと思います。

 

せっかくなので一本のものを、長く使い続けることをすすめたいのです。

ミネラル分の摂取と育毛剤の使用

 

髪の毛がうまく生えてこなくなるのは、頭皮の毛母細胞の活力が低下してしまう事が要因です。

 

これは、栄養分が供給されていない可能性や、その他の様々な体質の影響が出てくるので、どこに問題があるのか自分で探していく必要があります。

 

根本的な問題となる栄養分が足りていない可能性ですが、通常は普通の食事をしていれば、髪の毛に必要な栄養素は足りているはずなのです。

 

ミネラル成分まで確保しようと考えるなら、貝類を補給したり豚のレバーや、緑黄色野菜などを補給して、亜鉛やカリウム、カルシウムなどのミネラル成分を補給していきます。

 

特に海藻類や、穀物類など簡単な食事では食材に使われないようなたいぷを積極的に食べていく必要があるのです。

 

このように、育毛対策をするときには食事が基本であり、髪の毛を作る栄養分をちゃんと確保して、そこから育毛対策を始めていくのです。

 

このような食事によっても何ら変化が出ない場合には、より効果の高い育毛剤を使うように切り替えていくか、運動不足の改善、または就寝時間を十分に確保して効果が現れるように調整していくのです。

 

これらの対策を総合的に行う事によって期待していたような抜け毛を改善出来る効果が得られるはずなのです。